• Stacks Image 59445
  • Stacks Image 59431
  • Stacks Image 59443
  • Stacks Image 59441

Stacks Image 2110

どんぐりクラブは境内を利用した「緑の教室」です。 ボランティアさんを中心にして年2回の開催を計画しています。

News:名東区のホームページにどんぐりクラブが壁紙として採用されています



冬のどんぐりクラブ  −落ち葉プールで遊んでみよう−


 日 時: 平成29年12月9日(土)午後1時より(12時45分集合)
 内 容: 落ち葉を集めてプールをつくります。焼き芋やクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: タオル・水筒・軍手・防寒対策(寒いです)


打ち合わせ(11/20)

冬のどんぐりクラブについてスタッフの方と打ち合わせをしました。今年のクラフト作りをいろいろと考えた結果、はじめて「あんどん作り」に挑戦することにしました。
Stacks Image 59470







夏のどんぐりクラブ  −竹からお箸とお椀をつくってみよう−

 日 時: 平成29年8月19日(土)午前10時より(9時50分集合)
      
雨天時は、庫裏でクラフト作りをします。
 内 容: 竹を切ってお箸やお椀をつくります。流しそうめんやクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: 水筒・タオル・軍手・防虫対策(蚊が多いです)
 備 考: フルーツの差し入れ大歓迎!




打ち合わせ(7/26)

今日はスタッフの方と事前準備と当時の内容について打ち合わせをしました。クラフト作りのアイディアもたくさん頂戴しました。打ち合わせの後、流しそうめんの樋に使う竹を確認しました。
Stacks Image 46433
Stacks Image 46431





事前準備(8/18)

午前9時、スタッフさんに蓮教寺へ集合して頂きましたが、あいにく雨が降っています。様子をみること30分、予報通り雨が止んだのでお同行の竹林に向かいました。現地で打ち合わせ後、10時から伐採開始です。
Stacks Image 29224
Stacks Image 29226
持ち物:竹用のこぎり、剪定鋏、軍手、タオル、虫除けスプレー、蚊取り線香、マッチ、殺虫剤、飲み物(ペットボトル×人数分)、
    塩分補給用のお菓子  ※ヘルメットをお借りしたので、次回は用意すること


竹は最長5mほどに切りそろえた後、軽トラックに乗せて紐でしっかりと固定をしました。太い竹は流しそうめんの樋とお椀用、細い竹はお箸とクラフト作りに使用します。当初10時半を予定にしていた竹洗いですが、時間が遅れたため
学童さんに連絡を取り、11時半から竹洗いをすることにしました。
Stacks Image 19984

11時半学童さん集合、挨拶を頂いた後にさっそくビーチサンダルに履き替えてもらいました。約50本の竹を三方向から水をかけながらタワシで洗い、ブルーシートの上に乗せて準備完了です。この間、スタッフさんには境内の木陰で休憩して頂きました。
Stacks Image 29232
Stacks Image 19988
竹あらい:タワシ20個、ホース3、バケツ4個、ブルーシート1


正午過ぎにお昼ごはんも出来上がり、総勢50人でカレーライスを食べました。今年の坊守特製カレーは、2.5升のお米と60人分のルーで作りましたが、食欲旺盛な子どもたち、あっという間に完食してくれました。デザートは、お同行にお供えして頂いたスイカを頂きました。
Stacks Image 29237
Stacks Image 29239
お昼:お米、カレー、お茶10ℓ、やかん2、スポーツドリンク4ℓ、長机3脚、鍋敷き2、お玉2,しゃもじ2、お皿とスプーン、
   コップ、ゴミ箱   ※来年は自分の食器を拭いてから水につけてもらう(必要な物 新聞紙、古着、タライ)



片付け後、プールを使って水遊びをしました。暑い中、長時間にわたり竹切りと竹洗い有り難うございました。明日もよろしくお願いします。





当日の様子(8/19)

午前6時
蚊除けスプレー5本を使って境内をくまなく散布し、蚊取り線香も境内20カ所に設置しました。
750年ごおんきを記念した境内整備で大分蚊が減りましたが、雨の後は蚊に刺されやすいので注意が必要です。
Stacks Image 47210


午前7時
おそうめんの準備開始です。中鍋に水を入れて沸騰させた後、800gほどのそうめんを少し堅めに湯がき、大鍋とざるを使って手早く冷水で洗います。今回の参加者が100名以上と見立て、この工程を10数回繰り返し10kg分を発砲スチロールの箱に入れて冷蔵庫に冷やしました。おそうめんはすべての
お同行からのお供えです。お供えのお下がりを有り難く頂戴しました。
Stacks Image 47208
Stacks Image 47215


午前8時45分
スタッフさんが集合し始め、個々に準備を始めます。作業される場所には、スポーツドリンクと熱中症予防のお菓子を設置しました。
Stacks Image 47228


午前9時
蓮教寺の裏山から切り出した竹を使って樋づくりの開始です。今年生えた一番太く、真っ直ぐな竹は
生活塾さんでお楽しみ頂きました。次の竹はなかなか癖が強い竹ですが、さすがボランティアさんあっという間に竹を手で割り樋づくりを完成させました。
Stacks Image 47222
Stacks Image 47224

お椀作りは西の木立、お箸作りは松の木で作ります。松の木の下にブルーシートを3枚敷き、木槌とナタ、台となる「うま」を4セット用意しました。また、庫裏の前には、お箸用の「うま」と竹用のノコギリ、台となるベンチを1セット用意しました。
Stacks Image 47226


午前9時半
一日の流れと境内の案内図を配布してスタッフさんと最終の打ち合わせをしました。


午前10時開始
本堂前に集合して開式。子どもたちから、スタッフさんの
東山の森づくりの会さん、竹和会さんにご挨拶です。一日の流れを説明した後、さっそくそれぞれの場所に分かれて作業開始です。
Stacks Image 10669
Stacks Image 10667

厳しい暑さもあって、今回のお椀とお箸作りは低学年の子どもを優先にしました。高学年は低学年の補助をしてもらい、どんぐりクラブに何度も参加してくれた子どもには樋づくりに挑戦してもらいました。
Stacks Image 10678


午前11時を回り、多くの子がお椀とお箸作りを終えました。出来た子には保護者やスタッフさん分を作ってもらうようお願いしました。すべての子どもさんが完成したところで、お寺の鐘が「ごーん」と鳴ります。スロープに集合して流しそうめんの準備です。

長机にそうめんのおつゆが入ったやかんを二つ用意しました。二列に並ぶよう指示してくださる方がいて、子どもさん行儀良く自分で作った竹製のお椀におつゆをいれました。
Stacks Image 10695


準備が出来たところで、子ども代表が挨拶をします。「てをあわせてください。いただきます!」。スタッフ合わせて130名で流しそうめんを楽しみました。有り難いことに今年は差し入れをたくさん頂戴しました!
Stacks Image 10676
Stacks Image 10674


「てをあわせて、ごちそうさまでした!」と子ども代表に挨拶してもらい、続いて片付けをしました。流しそうめんの樋をノコギリで解体し、下に落ちたそうめんはホースと竹ぼうきを使って掃除します。使わなかった竹は焼却炉に移動して、希望者に持ち帰ってもらいました。
Stacks Image 10680


片付け後、松の木の下で閉式。子ども代表から、どんぐりクラブへ参加した感想をスピーチしてもらいました。また、スタッフさんへ「有り難うございました」の挨拶をしてもらいました。閉式の後、時間のある子どもは竹製の水鉄砲と竹とんぼを作り、プール遊びを夕方まで楽しみました。
Stacks Image 10691
Stacks Image 10693







冬のどんぐりクラブ  −落ち葉プールで遊んでみよう−


 日 時: 平成28年12月17日(土)午後1時より(12時45分集合)
 内 容: 落ち葉を集めてプールをつくります。焼き芋やクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: タオル・水筒・軍手・防寒対策(寒いです)

今年も境内の落ち葉かきからスタートです。枯れ葉をたくさんあつめて落ち葉のプールを楽しみました。
Stacks Image 59396
Stacks Image 59398

なごや東山の森作りの会さん、竹和会さんによるクラフト作りです。今年は竹製の笛もつくりました。プールで集めた落ち葉を焚いてほくほくの焼き芋を食べました。
Stacks Image 59407
Stacks Image 59409






夏のどんぐりクラブ  −竹からお箸とお椀をつくってみよう−

 日 時: 平成28年8月22日(月)午前10時より(9時50分集合)
      
雨天時は、庫裏でクラフト作りをします。
 内 容: 竹を切ってお箸やお椀をつくります。流しそうめんやクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: 水筒・タオル・軍手・防虫対策(蚊が多いです)
 備 考: フルーツの差し入れ大歓迎!


事前の準備(8/19)

今年もお同行の竹林から竹を頂きました。梅森のお同行さん、行事にご理解頂き有り難うございます。
Stacks Image 59413
Stacks Image 59422

お寺では子ども達が竹の到着を待っています。軽トラックに乗せた約40本の竹をタワシで洗いました。
Stacks Image 59417

大人は竹から樋を作ります。一本の長い樋を作るために、段差をつけて樋をつなげていきます。
Stacks Image 59426

お昼にカレーを食べた後、子ども達は境内でプールを楽しみました。暑い中有り難うございました。





当日の様子(8/22)

10時の開始に向けて、まずは会場づくりから準備が始まりました。
Stacks Image 9673
Stacks Image 9671

まずは竹からお箸とお椀を作ります。「うま」と呼ぶ台に竹を固定してのこぎりで竹を切ります。お箸は竹を小刀で削って作りました。大きな子はすぐにお箸とお椀を作ることができるので、スタッフさん分も作ってもらいました。それでも時間があまる子には、樋づくりに挑戦してもらいました。
Stacks Image 9687
Stacks Image 9685

小さな子もでき上がったところで、流しそうめんを知らせる鐘が鳴ります。「手を合わせて、頂きます!」の声ととともにおそうめんが流れました。今年も25mほどの長い樋で一緒に食べることができました。
Stacks Image 9681
Stacks Image 9683

「ごちそう様」の後にみんなで片づけをしました。感想とスタッフさんへ御礼をした後に中締めをしました。
Stacks Image 9695

時間がある子は日陰でさまざまなクラフト作りや遊びを楽しみました。なごや東山の森作りの会さん、竹和会さん、お同行をはじめとするスタッフの方々、暑い中どうも有り難うございました。
Stacks Image 9697







冬のどんぐりクラブ  −落ち葉プールで遊んでみよう−


 日 時: 平成27年12月19日(土)午後1時より(12時45分集合)
 内 容: 落ち葉を集めてプールをつくります。焼き芋やクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: タオル・水筒・軍手・防寒対策(寒いです)






夏のどんぐりクラブ  −竹からお箸とお椀をつくってみよう−

 日 時: 平成27年8月21日(金)午前10時より(9時50分集合)
      
雨天時は、庫裏でクラフト作りをします。
 内 容: 竹を切ってお箸やお椀をつくります。流しそうめんやクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: 水筒・タオル・軍手・防虫対策(蚊が多いです)
 備 考: フルーツの差し入れ大歓迎!



竹の切り出しと水洗い(8/19)

9時に蓮教寺へ集合し、お同行の山から竹の切り出しを行います。







冬のどんぐりクラブ  −落ち葉プールで遊んでみよう−


 日 時: 平成26年12月13日(土)午後1時より(12時45分集合)
 内 容: 落ち葉を集めてプールをつくります。焼き芋やクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: タオル・水筒・軍手・防寒対策(寒いです)







夏のどんぐりクラブ  −竹からお箸とお椀をつくってみよう−

 日 時: 平成26年8月23日(土)午前10時より(9時50分集合)
      
雨天時は、庫裏でクラフト作りをします。
 内 容: 竹を切ってお箸やお椀をつくります。流しそうめんやクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: 水筒・タオル・軍手・防虫対策(蚊が多いです)
 備 考: フルーツの差し入れ大歓迎!





冬のどんぐりクラブ  −落ち葉プールで遊んでみよう−


 日 時: 平成25年12月14日(土)午後1時より(12時45分集合)
 内 容: 落ち葉を集めてプールをつくります。焼き芋やクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: タオル・水筒・軍手・防寒対策(寒いです)



当日の様子(12/14)


焼き芋の準備

当日までに、お同行さんからたくさんのお芋をお供えして頂きました。お同行が丹精込めて育てたお芋でどんぐりクラブを開催することができ、本当に幸せです。
Stacks Image 47

午前11時には、伐採した竹や境内の木々でおき作りが始まりました。境内を知り尽くしたお同行さんがおき火を作ってくださいます。
Stacks Image 99

なごや東山の森作りの会さん、竹和会さんによるクラフト作りの準備です。天気が良さそうなので、外でクラフト作りをお願いしました。
Stacks Image 101

日に日に寒さが厳しくなり、境内には例年のように木々の葉がたくさん落ちてくれました。これらの落ち葉を集めてプールを作ります。
Stacks Image 112
Stacks Image 114

落ち葉を集める鐘撞き堂の周辺には、落ち葉掻きに使う竹ぼうきや熊手、みなどを用意しました。昔からの掃除道具ですが、初めて使う子どももいるかもしれません。
Stacks Image 118

今回スタッフの手が足りないので、なごや東山の森作りの会さんにお芋の準備をお願いしました。寒い中、冷たい水でお芋を準備して頂き本当に有り難うございます。

子ども達が食べやすいよう、お芋一つ一つに包丁を入れます。この気遣いがお芋をとても美味しくしてくれます。



落ち葉プールの用意

本堂前に集合してご挨拶。スタッフの紹介と今日の流れを説明した後、ブルーシートを運びました。
Stacks Image 138


掃除道具を使って、子ども達に境内の落ち葉を集めてもらいます。落ち葉をたくさん集めるほど、この後のプール遊びが楽しくなります。
Stacks Image 144
Stacks Image 161


鐘が鳴り、落ち葉プールの始まりです。プールに飛び込む子、落ち葉を舞上げる子、思い思いに楽しみます。


今度の鐘は芋が焼けた合図です。スタッフさんから手渡しで焼き芋を頂きます。「手を合わせて、頂きます!」の声とともにお芋を食べました。
Stacks Image 172
Stacks Image 174



自然の材料で作るクラフト

お芋を食べた子はお土産用のお芋が焼けるまで、クラフト作りです。先日用意したどんぐりでどんぐり笛を、松ぼっくりとスタッフさんにご用意頂いた材料を使ってクラフト作りをしました。
Stacks Image 179
Stacks Image 181


完成したクラフトを本堂に展示してもらい、みんなが見れるようにしました。個性豊かな子どもの作品は本当に素晴らしいと思います。
Stacks Image 186
Stacks Image 188


クラフト以外にも大縄跳びや竹馬、竹ぽっくりなどがあり、境内で自由に遊びました。
Stacks Image 190

お芋が焼けたところで、本堂に集合して閉会式。スタッフの方々へ「有り難うございました」と御礼を言いました。最後にお芋をもらって、冬のどんぐりクラブが終わりました。
Stacks Image 198


スタッフさんと打ち上げをしました。寒い中、長時間にわたり有り難うございました。
Stacks Image 202




事前打ち合わせ(12/6)

徒歩のスタッフより、遠目でも境内の緑が美しくなったとお褒め頂きました。その境内整備のためか、年々進む暖冬のためか、今年は落ち葉が大分少ないように思います。
Stacks Image 70

そこで、落ち葉プールができなかった時のために、クラフト作りの材料が手に入りそうかどうかを確認しました。境内の松からは松ぼっくりが利用できそうです。さっそく、いくつか確保しました。
Stacks Image 77
Stacks Image 79

南天の赤い実も絶好の材料になります。境内の片隅にたわわに実っていました。
Stacks Image 83

集合時間やクラフト作りの場所、おき作りの材料などを確認しました。スタッフ一同、たくさんの参加をお待ちしています。
Stacks Image 87




消防署への届け出(12/5)

落ち葉焚きは火事と間違われやすいので消防署へ届け出をしました。どんぐりクラブでは、落ち葉掻きによって落葉樹がたくさんの葉を落とすことを学ぶとともに、焼き芋のお手伝いを通して火がいかに危険かを子ども達に知ってもらいます。知識とともに、身をもって学ぶ大切な場となるようにしたいと思います。
Stacks Image 93




お芋のお供え(12/1)

講開きを終えた長湫同行さんからさっそくお芋をお供えして頂きました。お同行さんの畑で育てられたもので、焼き芋にちょうど良い大きさとのことでした。
Stacks Image 2131




どんぐりゴマの準備(9/25)

冬のどんぐりクラブでは、どんぐりを使ったコマやクラフト作りを計画しています。台風が過ぎ去った後、境内のどんぐりがたくさん落ちたのでどんぐり拾いをしました。
Stacks Image 1909

採ってきたどんぐりを水洗いします。水に浮いてしまったどんぐりは外に出します。
Stacks Image 2101
Stacks Image 2081

手でもみ洗いをして何度も水を入れ替えると、徐々に汚れが少なくなってきます。
Stacks Image 2123
Stacks Image 2121

きれいになったどんぐりを数日間乾燥させます。箱は夏にお供え頂いたそうめんの空き箱を利用しました。乾燥した後、冷凍庫で保存しておき、使う数日前に出して陰干しをします。
Stacks Image 2125







秋のどんぐりクラブ  −栗きんとんをつくってみよう−

 日 時: 10月12日(土)午後1時より
 内 容: 栗拾いをして、栗きんとんをつくります。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: タオル・水筒・軍手


境内で実った栗を拾います。ハサミと靴を上手に使って、バケツに栗の果実を紙袋に毬を入れました。
Stacks Image 15

栗は美味しいので、虫さんも食べているようです。栗の実に虫食いがないか確かめた後、水で洗いました。
Stacks Image 17
Stacks Image 19

水洗いした栗を蒸籠で蒸かし、ハサミで割ります。割った栗から、スプーンを使って実の部分を掻き出しました。それを鉢に入れて擂り粉木でつぶします。力仕事なので、男の子が大活躍!
Stacks Image 23
Stacks Image 32

坊守がサランラップを使って栗きんとんの成形を実演。それを踏まえて、こども達も挑戦してみます。
Stacks Image 28
Stacks Image 30

個性豊かな栗きんとんの完成です。手を合わせて頂きます!この後、家族へのお土産分も作りました。
Stacks Image 21

食べた後は片付けです。いつも掃除をしているこども達。ほうきやちり取りの使い方も上手でした。
Stacks Image 34

家族の方が迎えに来るまで、境内でボール遊び。ドッジボールやサッカー、バドミントンなどをしました。
Stacks Image 36







夏のどんぐりクラブ  −竹からお箸とお椀をつくってみよう−

 日 時: 8月24日(土)午前10時より
 内 容: 竹を切ってお箸やお椀をつくります。流しそうめんやクラフト作りなど。

 服 装: 帽子・汚れても良い服・履き慣れた靴
 持ち物: 水筒・タオル・軍手・防虫対策(蚊が多いです)
 備 考: フルーツの差し入れ大歓迎!



当日の様子(13/8/24)


マッチを使ってみよう

マッチを擦って蚊取り線香に火をつけてみよう。初めて触る子どもには楽しい経験です。
Stacks Image 1774


竹を切ってみよう

ノコギリを使ってお椀づくり。お同行もスタッフとして子ども達のお椀づくりに大活躍でした。
Stacks Image 1839
Stacks Image 1841

スタッフの指導のもと、ナタを使ってお箸作り。ヤスリをかけて仕上げです。
Stacks Image 2135


クイズ大会 −チーム戦−

昨年好評だったクイズ大会を一工夫。豪華賞品(アイス)を目指して、チームごとクイズに挑戦しました。
Stacks Image 2292
Stacks Image 2237


みんなと外で食べる楽しさ

『手を合わせて、頂きます!」約160人が参加する流しそうめんです。
Stacks Image 2137

お勝手では、お母さん方が大奮闘。18kgものそうめんを猛暑の中、手際よく茹でて頂きました。
Stacks Image 2168


昔からの遊び −けん玉、水鉄砲−

今回は、流しそうめんの後に片付けをして閉会式。その後、竹で作ったけん玉や水鉄砲で遊びました。
Stacks Image 2333
Stacks Image 2335





雨模様のために、一度は中止を連絡した今回のどんぐりクラブ。

スタッフさんとの話し合いで再開した際、子ども会役員さんには大変ご迷惑をおかけしました。

朗を厭わず対応して頂いた役員さん、スタッフさんに心より感謝申し上げます。

今回も、
東山の森作りの会さん、名東自然倶楽部さん、そして竹和会さんに

準備から当日の竹切り、竹遊びのご指導を頂きました。



たくさんの子ども達の笑顔が見れたのは、

サウナのような暑い炊事場で、大量のそうめんを茹でて頂いたり

食事も摂らずに子ども達の引率や誘導をして頂いた

子ども会役員のお母さん方のお陰です。



ご協力頂いたすべての方に改めて感謝申し上げます。


年々美しくなる境内は、蓮教寺
お同行の清掃奉仕によるものでした。

Stacks Image 2339






フルーツの準備(13/8/24)

子ども達が大好きなフルーツ。赤池のお同行さんから50缶もお供えして頂きました。明日の流しそうめんでは、冷蔵庫でキンキンに冷やしたフルーツも流す予定です。
Stacks Image 2345





流しそうめんの樋作り(13/8/22)

境内の竹を切り出した後、さっそく流しそうめんの樋を作りました。
Stacks Image 2375

ナタと小槌を使っての手作りの樋です。竹の節の部分は、当日子どもたちに叩いて取ってもらう予定です。

竹を一通り切った後、台に乗せてみました。水平に切れているかの確認です。
Stacks Image 2379

お天気が心配ですが、晴れてたくさんの子どもに会えることを楽しみにしています。
Stacks Image 2420





竹の切り出しと水洗い(13/8/17)

どんぐりクラブで使う竹を子ども達と用意しました。まずは竹切りの準備です。
Stacks Image 2395

竹切りは、
名東自然倶楽部さん、東山の森作りの会さん、竹和会さんにご指導頂きました。
Stacks Image 2400
Stacks Image 2402

竹の枝払いにも挑戦。木の棒を枝の根元に当てると、力がなくても簡単に枝を払うことができます。
Stacks Image 2404

竹はタワシを使って水洗いをします。暑い夏なので、裸足がとても気持ちいいです。
Stacks Image 2406

お昼は坊守特製カレー。たくさんのお代わりで36人分のカレーをあっという間に完食しました。
Stacks Image 2411
Stacks Image 2413

ご飯の後は、プールで水遊び。笹で船を作って水に浮かべてみました。
Stacks Image 2415





事前打ち合わせ(13/7/20)

昨年の様子を思い出しながら、子ども会さんと打ち合わせをしました。毎年、たくさんの子ども達が参加してくれるので、行事が円滑に進むように知恵を絞りました。
Stacks Image 2373

昨年好評だった竹クイズをチーム戦のクイズ大会にしてみたいと思います。場所は石段を予定。
Stacks Image 2359

クイズ大会の後はお箸作り。作業は涼しい松の木の下を予定しています。
Stacks Image 2357

お椀づくりは西の木立で。クイズ大会、お箸作り、お椀作りを順番にして進めていこうと思います。
Stacks Image 2355





事前打ち合わせ(13/7/8)

どんぐりクラブにご協力頂いているなごや東山の森作りの会さんと事前打ち合わせを行いました。たくさんの子ども達が楽しめるようアイディアを出し合いました。
Stacks Image 2361

境内に生える竹はほとんどが孟宗竹です。どの竹を流しそうめんの樋に使うのか確認しました。
Stacks Image 2363