第13回ごおんき会議   平成28年3月21日(祝)午前10時より

ごおんき大法会実行委員として最後の全体会議を開きます。





稚児受付   平成28年2月27日(土)〜3月6日(日)

稚児の受付をごおんき委員の方に担当して頂きます。




第12回ごおんき会議   平成28年2月7日(日)午後3時より

称名講終了後にごおんき会議を開きました。稚児受付の最終確認をした後、2日間にわたる法会の位置づけと当日のながれをご説明して頂きました。次に法会中の仕事を皆で共有するために、本堂落慶法要のビデオを見ました。

法会中の仕事が分かったところで、各係ごとに分かれて頂きそれぞれの担当者をご相談して頂きました。

Stacks Image 57298



第11回ごおんき会議   平成27年11月21日(土)午後3時より

ごおんきをお知らせする高札が出来上がりました。高札を立てた後に白布をかけて、紅白の紐を取り付けました。
Stacks Image 24392
Stacks Image 24394

お勤めした後にごおんき委員と高札の除幕式を行いました。紅白の紐を引っ張り高札のお披露目です。
Stacks Image 24385

ごおんき会議では、稚児受付の担当者とごおんき大法会実行委員の係決めについて検討しました。
Stacks Image 24400




第10回ごおんき会議   平成27年9月5日(土)午後3時より

年行司さんに稚児の希望者を取りまとめて頂き、会議にてご報告頂きました。100名を越える参加希望があり、役員一同嬉しい悲鳴が上がりました。
Stacks Image 17285

稚児の受付はお寺で一括して受け、その当番をお同行で分担して頂くことになりました。受付日は2月27日から3月6日、土日を2回入れた10日間で行う予定です。




第9回ごおんき会議   平成27年5月23日(土)

今回は、稚児係の選出と取りまとめの方法、費用などについて話し合いました。会議の結果、お同行の稚児を優先して募集し、8月末までに年行司さんに取りまとめて頂くことが決まりました。

第10回ごおんき会議は9月5日(土)午後3時を予定しています。稚児募集のご報告をして頂く予定です。




ごおんき記念事業 記念品

記念事業へご寄進頂いたお同行と有縁の方々へ、心ばかりの記念品をご用意しました。講組の方は年行司様から、講外や有縁の方々には順次をお渡しさせて頂きますのでしばらくお待ちください。
Stacks Image 56767




第8回ごおんき会議   平成27年3月1日(日)

今回の会議では、ご浄財の記念品と小端立て式、参道の初渡式について検討しました。記念品が3月中にまとまるので、3月21日(土)春の総会時に年行司さんからお配り頂くことになりました。同じく、21日(祝)に小端立て式、5月6日(祝)に参道の初渡式を開催することが決定しました。

第9回ごおんき会議は、5月23日(土)午後3時を予定しています。お稚児さんについて話し合う予定です。
Stacks Image 12117




第7回ごおんき会議   平成26年10月25日(土)

7回目となるごおんき会議が開かれました。委員長から挨拶の後、第1期工事に関する詳しい説明がありました。続いて、会計係さんからご浄財について報告があり、稚児募集の報告がありました。最後に副委員長から今後の予定が発表されました。
Stacks Image 8943




記念事業の入札や設計説明、工事契約、境内整備、ごおんき委員会の様子を「参道整備 News」にまとめました。
Stacks Image 4574
Stacks Image 4572



第6回ごおんき会議   平成26年5月23日(土)

永代経後にごおんき会議を開きました。まずは、会行事さんから「ごおんきをどうして勤めるのか」について説明がありました。ごおんき委員からは「子どもにごおんきの意味を伝えるにはどうしたら良いか?」というとても大切な質問を頂戴しました。
Stacks Image 7956


その後、ごおんきの日程を検討し、2年後の
平成28年4月23日(土)24日(日)の両日お勤めすることを決定しました。750回ごおんきでは、様々な年代のお同行に参加して頂き、ごおんきの意義を伝えていくご縁にしたいと思います。
Stacks Image 7958




第5回ごおんき会議   平成26年3月21日(祝)

春の総会とともに、ごおんき会議を開きました。始めに、書記さんからこれまでの経緯を改めて説明して頂き、その後記念事業を設計して頂いた設計士さんから事業の説明がありました。説明後の質疑応答では、工期についての質問などがありました。
Stacks Image 4270
Stacks Image 7442


続いて、ごおんき委員長から入札の結果と業者選定の報告があり、これを受けて業者さんに自社の紹介をして頂きました。業者さんから記念事業への強い決意を聞かせて頂き、お同行さんもご安心されているようでした。


また、例年のように各行事前には担当講を決めて剪定・清掃奉仕をお願いをさせて頂きました。
Stacks Image 7448


会議後に役員が再び集まり、記念事業について業者さんと意見交換をしました。その後、ごおんき役員立ち会いのもと、工事の契約を結ばせて頂きました。
Stacks Image 10647
Stacks Image 4272


設計士さんの事業説明の中に「これまでの50年、これからの50年」という言葉がありました。お同行とともに取り組んでいるごおんきが、未来の50年につながっていくと信じています。
Stacks Image 4268




平成26年3月9日(日)

地区代表者会議を開き、役員に一任されていた業者選定を検討しました。入札の結果、ごおんき記念事業をお願いする業者さんが決定いたしました。
Stacks Image 43770
Stacks Image 43772



平成26年3月7日(金)

今まで電気を引き込んでいたポールを撤去しました。このポールは本堂修復工事にともない設置したものです。
Stacks Image 31426
Stacks Image 31428

引き込みのポールは背が高く、風当たりも強い場所に立っていたのでしっかりとした基礎が必要でした。今回の作業でポールとともにコンクリートも割り撤去をして頂きました。
Stacks Image 31433
Stacks Image 31435

作業が終わり、ポールが立つ前と同じ状況に戻して頂きました。来るごおんき記念事業の着工に向けて、着実に下準備が進んでいます。
Stacks Image 31439





平成25年に取り組んだ境内整備とごおんき委員会の様子を「参道整備 News」にまとめました。
Stacks Image 3894
Stacks Image 3892



平成26年2月18日(火)

あらかじめ加工された木の支柱をクレーンで下ろして組み立てます。支柱は松の加重をしっかりと受け止めることができるように1本ではなく2本脚に設計して頂きました。
Stacks Image 3748
Stacks Image 3750

設計通り組み立てた後クレーンで吊り上げます。立たせたところで、まず既存の1本脚の支柱を取り外しました。腐っていましたが、思ったより重くてしっかりとした木でした。
Stacks Image 3755
Stacks Image 3743

松の枝を折らないようにクレーンを注意深くコントロールし、最後は人の手で支柱を松の方へ押し込みました。
Stacks Image 3757

支柱の根元にあたる場所の土を掘り、そこへ礎石
(そせき)を運び入れました。
Stacks Image 3775
Stacks Image 3766

この礎石にも職人さんの一工夫があります。上に乗せる支柱が腐らないように、礎石には排水用の溝が掘られていました。礎石は歴史が古く、仏舎利を納めた五重塔の礎石が有名だそうです。
Stacks Image 3768

松をクレーンで持ち上げ、礎石を埋め込みます。支柱と礎石との角度などを考慮し微調整を何度も行いました。
Stacks Image 3779

礎石の下の基礎をつくるために、土の下にも小さめの石を入れて木槌で叩いて中に入れ込みました。
Stacks Image 3786
Stacks Image 3788

周りの土をしっかりと叩いて完成です。とても大変な仕事に見えましたが、約2時間程の作業で終了しました。
Stacks Image 3794

松の負担を減らすだけでなく、見た目にもとても立派な支柱ができあがりました。前回のごおんきは
伊勢湾台風の復興から始まりました。今回、50年に1度のごおんきを始めるにあたり、まず台風の爪痕を今に残す大松の支柱を新調いたしました。
Stacks Image 3798



平成26年2月12日(水)

これから電話も境内の裏手からの引き込むことになり、石段横の電柱からポールまでの電線は切って頂きました。電線がなくなったお陰で、今後剪定や植栽の計画が立ちやすくなりました。
Stacks Image 9019
Stacks Image 9017

電柱が移設できると、擁壁の工事や樹木の剪定に取りかかることができます。ごおんき記念事業の着工に向けて、着々と下準備が進んでいます。
Stacks Image 9023



第4回ごおんき会議   平成26年2月9日(日)

称名講に引き続いてごおんき委員会を開きました。まず、会計係さんからご浄財の中間報告があり、昨年の境内整備の報告がありました。次に、記念事業の業者選定や入札方法、工事契約などについて検討しました。

Stacks Image 2974


委員から、現場が細い路地の生活道路であるため、似たような現場を経験した業者さんであること、責任を持って請け負うことのできる業者さんが良いとの意見がでました。
Stacks Image 3052

また、入札方法や電柱移設、お同行へのご報告についても、委員から活発な意見と提案が出ました。これらの意見を踏まえて、年度内に工事契約を結ぶ予定にしています。




平成26年2月1日(土)

地区代表者会議にて、ごおんき記念事業を請け負う業者の選定基準や入札などについて検討しました。
Stacks Image 2938



平成26年1月22日

石段の隣には電話用の電柱が立っています。2年ほど前から電話会社さんと移設の交渉をしていました。
Stacks Image 2847

窓口の担当者さんが異動になってしまったので、新しい担当の方と現場で打ち合わせしました。現場にはいろいろと制約があり簡単なことではありませんが、技術的な助言を頂き具体的な移設先を検討しています。
Stacks Image 2930



平成25年11月1日

境内の電気は正面の崖に立つ電柱から引き込まれています。この電柱がごおんき記念事業の工事に関係するため、かねてから電気会社さんに移設を打診していました。
Stacks Image 2934

高針同行がねばり強く電力会社さんと交渉した結果、敷地内の別の場所に移設する許可を頂きました。
Stacks Image 2553





ごおんきの関連事業では、お同行の活動を記録として残す予定です。昨年、講組ごとにお勤めされた報恩講の取材したので、その様子を「参道整備 News」にまとめました。
Stacks Image 368
Stacks Image 370





「参道整備 News」にごおんき会議やごおんき記念事業の趣意書を作成する様子を掲載しました。
Stacks Image 233



平成25年4月18日

ごおんき委員会からの趣意書が遅れて大変ご迷惑をおかけしております。説明会を終えたお同行から順次「蓮教寺のごおんきについて」「ごおんき記念事業」「参道整備News」等をお渡しさせて頂いています。
Stacks Image 2513




平成25年4月14日

赤池同行にごおんきと記念事業のお願いをさせて頂きました。質疑応答の際に、工事について貴重なご意見を頂戴することができました。お同行の意見を生かした記念事業にしたいと思います。
Stacks Image 2517




平成25年3月22日

先日、ごおんき委員会で作成が承認された印鑑が出来上がりました。委員会で検討し決定した書類には、この印鑑が押されます。
Stacks Image 2521




第3回ごおんき会議   平成25年3月17日

ごおんき委員会にて、記念事業の趣意書やご懇志の取り扱い、礼状などを検討しました。
Stacks Image 2533

また、記念事業の現場となる石段や崖などを視察し、現状と問題点を確認しました。
Stacks Image 2531

ごおんきは50年に1度だけの行事です。お同行一丸となって取り組んでいます。
Stacks Image 2529




平成25年3月12日

記念事業についてまとめた「参道整備 News」を作成し、お同行へお配りいたしました。お同行の剪定・清掃のお陰で、境内整備が順調に進んでいること、瓦礫やガラスなどの廃棄物の現状についてご報告いたしました。
Stacks Image 351
Stacks Image 353



平成25年2月10日

称名講にて梅森同行へごおんきと記念事業についてご説明をいたしました。また、行事後の地区代表者会議では、記念事業の趣意書について協議いたしました。
Stacks Image 2541




平成25年1月27日

島田同行の報恩講にて、ごおんきと記念事業についてご説明をいたしました。
Stacks Image 2543



平成24年12月12日

赤池同行のお講さまにお伺いして、ごおんきと記念事業についてご説明をしました。
Stacks Image 2972



平成24年12月2日

長湫同行の講開きでごおんきと記念事業についてご説明をしました。また、予定が重複したので赤池同行には年行司様からお願いをさせて頂きました。



平成24年11月24日

地区代表者会議において今後の予定と浄財の取り扱いについて協議しました。



第2回ごおんき会議   平成24年9月22日

秋の総会兼ごおんき会議にて、ごおんき委員会の役員が選出され承認されました。



第1回ごおんき会議   平成24年7月8日

ごおんき会議にて、新しい組織「ごおんき委員会」をつくることが了承されました。また、地区代表者と平成24年度の年行司がごおんき委員になることが承認されました。



平成24年3月23日

春の総会にて、ごおんきへの組織づくりが提案されました。



平成23年9月23日

秋の総会にて、高田本山ごおんきの参拝や懇志について話し合いました。



平成23年3月21日

春の総会にて、ごおんきの概略と記念事業についての説明がありました。



平成22年6月6日

地区代表者会議において、50年に1度のごおんきを記念した事業について説明がありました。



平成21年10月31日

地区代表者と平成21年度年行司により、ごおんきについての会議を開きました。会議の結果、平成26年を目標にして法会を計画することが了承されました。



平成21年6月7日

地区代表者会議において、現住より750回ごおんきの概略が説明されました。地区代表者から、平成21年度の年行司を招集して合同会議を開くことが提案されました。